貼って、イロドる。

ファブリックステッカー

FEATURE

01

組み合わせイロイロ

無地の生地に貼るのはもちろん、柄物にirodoを重ねたり、irodoの上にirodoを重ねて新しい柄を作ったり、合わせ方でカスタムの幅が広がります。

02

なんでも貼れる

様々な生地素材(綿・麻・革・化繊・合繊)に対応しているので、ファッション小物からキッチン雑貨・アウトドア用品など多くの製品に貼ることができます。

03

誰でもできる

従来のアイロンシールと異なり、アイロンが不要なことから年齢を問わずお子様からお年寄りまで誰でもカスタマイズを楽しめます。

HOW TO USE

  • 01

    貼る位置の確認

    貼る対象の上にシールを置いて貼る位置の確認をする。

  • 02

    接着面のシートを剥がす

    透明の台紙から、指に接着面がくっつかないようにゆっくりとシートを剥がす。

  • 03

    接着面のシートを貼り付ける

    接着面のシートを布に貼り付け、シートの上から指で押さえる。

  • 04

    硬貨でこする

    柄のシールが布に定着するようにシートの上から強く硬貨でこする。

  • 05

    シートを剥がす

    柄が定着したら、ゆっくりとシートを布から剥がす。

  • 06

    布をあてる

    シートを完全に剥がしたら柄の面、全体に布をあて、指で強く押さえ定着をさせる。

LINE UP

STORY

はじまりは、
東京都が主催するデザインアワード

東京都内のものづくり企業とデザイナーの協働で新たなビジネス創出を目指すマッチングコンペ、東京ビジネスデザインアワード。irodoはそのコンペにおいてテーマ企業数8件、デザイン提案募集全148件の中、2017年度の最優秀賞を受賞し、商品化をスタートさせました。

ひとつ、ひとつ
図柄に想いを込めて。From Katsushika, TOKYO to the world.

irodoは
下町の町工場から
生み出されています

irodoは東京の下町、葛飾区にあるシール専門会社の株式会社扶桑で作られています。
創業50年、長年の経験で培った技術を結集させ、職人が一枚ずつ丁寧に製造。
暮らしを彩り、カスタマイズする楽しさを多くの方に感じてもらえる商品を目指して、日々試行錯誤を繰り返しています。

FAQ

Under construction...

CONTACT